埼玉・朝霞の耳鼻科 さない耳鼻科クリニック 中耳炎治療、副鼻腔炎治療

さない耳鼻科クリニック新着情報

2013年7月04日

急性喉頭炎

多くはウイルス性上気道炎が喉頭(声を出すところ)に波及したため、声帯に炎症が起こった状態です。ひどい咳で(強い気流で)刺激を受けた声帯が粘膜下出血を起こしてしまう事もあります。声を出さずに安静にしていれば10日位で自然に治ります。咳がひどい場合や、細菌の2次感染を起こしている方には、内服薬を処方したり、声帯の炎症を沈めるために、ネブライザーを行ったりします。